クレジットカードの旅行障害保険とは

クレジットカードは、ショッピングやキャッシングをするためだけのカードではありません。
クレジットカードには、それ以外の機能もあるのです。
その機能の一つに、旅行傷害保険があります。
旅行傷害保険というのは、国内旅行や海外旅行において、怪我をしたり病気になったり、あるいは乗るはずだった飛行機が遅れたりした際の損害について、保険が補償してくれるというものです。
通常、保険に加入する際には毎月の掛け金というのが必要となります。
しかし、クレジットカードについている旅行傷害保険に関しては、特にお金を支払う必要はありません。
これがメリットです。
それでいて、万が一のときにはお金を支払ってくれるというのです。
とはいえ、全てのクレジットカードに旅行傷害保険が付帯しているわけではありません。
そもそも、旅行傷害保険が付帯していないクレジットカードも、結構数は多いです。
旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードの中にも、無条件に保険がついてくる保険と、保険付帯に条件があるカードがあります。
前者のケースを自動付帯、後者のケースを利用付帯と言います。
利用付帯というのは、何に利用すればいいのかというと、大まかに言えば、旅行に関するメインの支出です。
つまり、パッケージツアーの料金だったり、航空券の料金だったりという支払いを、該当するクレジットカードで支払した場合に限り、保険が付帯するというものです。
一見すると厳しい条件のようですが、最近ではクレジットカード払いを可能にしている旅行代理店の数も多いです。
では、具体的にはどのような補償があるのでしょうか。
まずは死亡、後遺障害です。
これは、怪我などによって死亡した場合、あるいは後遺症が残ってしまった場合に適用されます。
旅行傷害保険の補償金の中で、もっとも高額なのは、死亡、後遺障害です。
死亡、後遺障害の場合、何枚旅行保険のカードを持っていても、その中で最も金額が多いカードのみ適用となります。
次に、怪我や病気の治療です。
旅行においては、これを使うケースが最も多いでしょう。
ただし病気の治療に関しては、対象外となっているクレジットカードも多いので、注意が必要です。
怪我の治療に対して補償されるものですが、保険会社によっては、現金を持たずとも、提携している医療機関で治療をしてくれる、そんなカードもあります。
死亡や後遺障害とは異なり、カードの補償金額を合算することができるのです。
保険の中では、これもメリットと言えます。
このほかにも、航空機遅延やショッピング保険などの項目があります。